人生の試行錯誤

/** ゆるい人生へのコメントアウト事項 **/

「ネイティブは使わない」はウソだったと思ったフレーズ

カリフォルニアに留学して一カ月が経過しました。 まだそこまで話せるわけでないのですが、ある程度はネイティブの人とやり取りするようになりました。

日本の教科書とかに載っているフレーズが実は、「ネイティブはこんな表現しない!」という話はよく聞きますよね? 色々事前に調べて気を付けていたのですが、渡米後に普通に使う!と気づいたフレーズを書き留めておきます。

My name is ○○

みんな普通に使う。死語だというウワサを信じていましたが・・・ 最初は気にして、「I’m ○○」を多用していたのですが、ビジネスパーソンだと「I’m a manager」等で自分の仕事を紹介することがあるため、区別するために「My name is ○○」がbetterという話もついでに聞きました。

You’re welcome.

上から目線な感じがするというウワサを聞いて使わないようにしていましたが、普通にみんな使ってました。にこやかに言えば問題はまったくなさそうです。「My pleasure!」などバリエーションを増やすとコミュニケーションが円滑になりました。

I’m fine!(How are youに対して)

Goodが圧倒的多数ですが、少数ですが使う人もいました。そこまで変な表現というわけでもなさそうです。 ただ私は「結構です」の意味としてよく使います。おかわりいる?と聞かれた時に、「I’m fine. Thank you.」と

一部の情報の仕入れ元はこの本です。が、失礼な表現や実は卑猥な表現等はだいぶ参考になりました。

爆笑! 英語コミックエッセイ  日本人のちょっとヘンな英語

爆笑! 英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語