人生の試行錯誤

/** ゆるい人生へのコメントアウト事項 **/

アメリカ留学一カ月での変化

正直あんまり成長している気はしませんが、英語力とそれ以外の面での私の変化を書きたいと思います。 ちなみに留学前のスペックとしては、TOEIC800点で全くしゃべれない程度です。

英語について

スピーキング力

留学前は質問されると「あ・・・う・・」状態でしたが、単純な文なら返せるようになりました。 週末の出来事を聞かれたり、学校はどう?という質問には慣れもあってだいぶしっかり受け答えできます。 あとは、適格な英語が思いつかない時に他の表現で表してみるということができるようになりました。 例えばすごく簡単な例だと、"梨"が思いつかない時に「あの、黄緑色のフルーツで、形はりんごみたいな・・」のように。

リスニング力

語学学校にいろんな国の人がいるので、訛りになれたかなという程度です。あと英語を英語のまま意味を理解する力が多少マシになってきました。

リーディング力

あまり語学学校で重視されてないのもあって変化はないようです。日本でTOEIC勉強してた頃の方がバリバリ読んでいました。 リスニングが向上しているなら読む速度も速くなっていると思いたい。

ライティング力

表現の幅は多少増えてはいますが、やはり書いたことのないトピックは等しく書くのに悩むし時間がかかります。いろんなトピックについて書いてみる習慣が大事だなと思います。変化としては、伸びているとは思うが実感できるほどではといったところ・・・。

生活について

渡米直後の喉の痛み

2週間程度で治りましたが、こっちは乾燥しているせいかひたすらに喉がいたかったです。

食べもの

フルーツが安いので日常的にフルーツを食べるようになりました。

サングラスを携帯するように

日差しが強いので、運転しなくてもサングラスが必要になりました。

靴で家を歩くということ

靴のまま机に足を上げたりする人を気にしなくなりました。全体的に衛生面のハードルが低くなりました・・・・

総括して

一番おおきく変わったのは、話すことへの抵抗がなくなったということです。 日本でそれなりに文章を読んだり聞いたりしていたせいで、自分もまともなことをしゃべらないとという固定観念があり、それが喋れない原因でもあったのではないかと思います。 簡単でも伝わるようにということを心掛け、間違いを気にしないという精神が見につきました。 逆に言うと、一カ月でその程度です。英語しゃべれると言えるようになるのはいつになるやら・・・